エコ住宅
東日本大震災、福島原発事故に伴い、日本のエネルギー政策は大きく方向転換しました。これからは、原子力発電に依存出来なくなっています。そのうえ地球温暖化に歯止めをかけるためにエネルギーの消費をゼロにしなければならないのです。
国は、2030年には新築住宅は全て「ゼロ・エネ住宅」とする目標を掲げています。おそらくもっと早い時期に展開されるでしょう。
エネルギーの削減は、美しい但馬を次世代へ引き継ぐための使命なのです。
私達は、こうのとりも棲める豊かな環境を整えることに無関心ではいられません。
この自然とのかかわり方は世界にも大きなインパクトを与えています。そして国際舞台に立てる豊岡を創造しなければなりません。
消費エネルギーをゼロにし、CO2を排出しない建物をつくることこそが、ミカサ建設の使命だと考えています。